ハタハタの天日干し

天日干しハタハタ

ハタハタ天日干しは冷たい風が吹く、9月下旬頃から始めます

天日干しハタハタは、海からの冷たい秋風が吹いてくる9月下旬頃から始めます。

頭をワラで結んだ竿掛け干し

エラと内臓を取り

3番や4番サイズのハタハタの腹を開いてエラと内臓を取り除きます。ウロコはないので包丁では取りません。

洗い

内臓を取って水洗

流水を入れた桶に、内臓を取り除いたハタハタを入れてタワシでかき回しながら、ヌメリや残りの内臓などを洗い流します。

エラと内臓を取り除いてキレイにすると、干す時に少しは風の通りが良くなります。

塩入れ

洗いがすんだハタハタを桶に入れて、塩がよく効く魚なので塩辛くならないように、少なめの振り塩をして30分ほど置きます。

ワラ通し

振り塩をしたハタハタのエラを取った所からワラを通して2つ括りで結びます。

塩の洗い流し

30分ぐらいして塩がなじんだら、真水で1回目の塩の洗い流しをします。2回目の水洗いで塩加減を決めて竹竿に掛けて、4から5時間干します。

干しあがり

干しあがり

干しあがったら束ねます

乾いたら束ねます

乾いたら8匹前後で1束にします

5時間ぐらいを目安に乾いたら8匹前後で1束にします。

 

ヘッドレス・ハタハタの天日干し!

干しカゴでヘッドレスハタハタの天日干し

特徴は

頭は骨っぽく身はほとんどありません、頭はあっても焦げやすいだけです。自分は焦げずに焼けるヘッドレスの味が好きです。

ヘッドレス天日干しは、干しカゴで干します。作り方

3番・4番サイズのハタハタの頭を切ってヘッドレスにします。それから血合いを取って水洗いをします。

振り塩をして30分〆たら、水をためた桶の中で洗って塩を落とします

ハタハタは塩がよく効くので、よく洗うようにしてます。桶の中で1回目を20秒位洗い、水を替えて2回目は10秒から30秒洗います。

干しカゴにヘッドレスハタハタを並べて4時間ぐらい干します。頭がないので乾きやすくて良いです。

乾いたら10匹前後を真空パックします。


「共通詳細」頭をワラで結んだ竿掛け干し/カゴ干し

【原材料】鳥取産ハタハタ・塩

【製法】天日干し

【加工者】浜田寿幸


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする