親ガニの特長は超上品な甘みの、旨さです!

メスの親がに・超上品な甘みの、旨さです

メスの親がに・小さくても超上品な甘みの、旨さがあります。

外子のタマゴと赤い内子とカニ味噌の親ガニ

親がにの一番の特長は「つぶつぶな外子のタマゴ」と「艶のある赤い内子」の2種類のタマゴと「濃厚なカニ味噌」と「小さくても上品な甘みの指の身」を食べれるのはメスの親がにでしか味わう事ができません。超上品な甘みの、旨さです!

外子のつぶつぶのタマゴはオレンジ色から茶色です。サクサクと食感が良いです。

赤い内子は色合いもキレイで艶もあり、食感の良い上品な旨みが楽しみです。

カニ味噌は香ばしさと甘みが一体化した濃厚さがありながらキレがあるので軽く感じて良いです。

指の身はとても小さいですが香ばしい甘みがキツくなく、サラットした上品な旨味です。

姿形はオスの松葉がにと比べると体が全体的にとても小さなカニです。指はとても小さく殻もとても硬く、身が取りにくく食べにくい所が難点です。

名前の由来はタマゴをを持っているのでコモチ(子持ちガニ)と言ったり、親ガニと言ったりします。その他、背の方に赤い内子があるので背子ガニ(セコ)と言ったり、どこの地域でも言っているようです。

親がにの解禁・水揚げ期間

11月6日から12月末までの2ヶ月弱
11月6日午前0時が解禁日です。親ガニ漁と松葉がに漁が同時始まります。
水揚げ期間は12月末までの2ヶ月弱がで年々短くなってます。

休魚期間は10ヶ月強
休魚期間は1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月までの約10ヶ月です。タマゴのあるメスのカニを獲りすぎないように保護ため休魚期間が長くなってきました。

松葉がには11月6日から3月20日までが漁期です。若松葉がには1月中旬から3月初旬までが水揚げ期間です。

等級・仕分け

親がにの等級は色合い、外子、内子の成熟等によりAランクが1番上のカニとして仕分けされています。指が全部ある指揃いの親ガニも、指のない親ガニもAランクのカニが一番上のカニになります。

サイズ

  • 50入り
  • 5番は40入り・イベント等に向いているのかなと思います?
  • 4番は35入り・指揃いはありますが、指なしは少ない
  • 3番は30入;人気サイズ・指揃いはありますが、指なしは少ない
  • 2番は25入り:大サイズ・あまりありません
  • 1番は20入り:特大サイズ・あまりありません

サイズは50入り、5番40入り、4番35入り、3番30入り、2番25入り、1番20入りで発泡スチロール箱に入れて等級Aの指揃い、等級Aの指なし、その他の等級の指揃い、指なしで仕分けて市場に並べられます。

漁港水揚げの朝獲れの親ガニを1ケース送料無料でお届けします。

生のカニです茹でではありません。1ケース。送料無料

茹でカニは、別途料金2,160円頂きます。

指揃い・等級A・4番35枚入り・送料無料・価格 円(税込み)


指揃い・3-A・30枚入り・送料無料・価格 円(税込み)


指揃い・2-A・25枚入り・送料無料・価格 円(税込み)

指揃い

指揃いは小指以外の指が全部揃ったカニです。小指はなくても指揃いとしてあつかわれます。指揃いでも産地・船名入りのブランドタグは付いていません。

人気のある、指ナシ

人気のある、指ナシ

上のカニは左側の指がありません。下のカニは左の親指がありません。等級はAです。

指1本ナシは指が9本です!指2本ナシは指が8本です。指ナシとは10本ある指が網などに引っかかって1~2本取れたカニを指ナシと言っています。

親がには内子と外子のタマゴとカニ味噌が楽しみなので、小さい指が1~2本なくても、少しだけですが価格が安くなる指1本ナシはとても人気があります。

茹で親がに-濃縮された旨みで味に力があります。

茹で親がに-濃縮された旨みで味に力があります。

親ガニの味噌と指の身と外子と内子の2種類のタマゴが直ぐに食べれます。味も絶品です。

指はとても小さく殻は硬く少し食べにくい感じはしますが、体が小さい分だけカニ本来の旨みが濃縮されていて、味に力があります。

湯がいた姿形のまま、店に並べたりして置くことはしません。乾燥しないようにキチンとしています。

湯がき方については別ページを作成します。

真空パックは超便利です

身と外子と内子を取り出した、真空パックは超便利です

身と外子と内子を取り出した、真空パックは超便利です。酸化が殆どないので新鮮で、安心安全に食べれます。

他の物を混ぜない、地元のカニを使った純粋なものはいつまでもありませんので、先着順です

身を取り出すきっかけ
自分の母親(おばあちゃん)が加工会社のアルバイトで茹でカニを家に持ち帰り、丸い棒をを使って身を取り出していたのを思い出したのがきっかけです。

昔はカニもよく獲れていましたが、今は安くないので純粋に身だけを取り出しすようなことはなくなりました。

生の食べ方-地元では味噌汁が定番です!

地元では親がにのシーズンになると、大根も甘味が出て美味しくなり親がにとの相性がとても良いので、よく親ガニと大根の味噌汁を作ります。

「カニ味噌」と「指の身」と「外子と内子のタマゴ」で美味しい絶品のダシがよく出ます。千切りダイコンも香ばしくなり味噌汁は定番です。

濃厚で香ばしさのある甘みにパワーがありながら、軽い上品な旨みで、子供から大人まで大好きな味と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする