白イカ

岩美町沿岸沖で初夏から秋に穫れる白イカ

初夏から秋の白イカ

ラグビーボールのような集魚灯電球を着けたイカ釣り漁船で、岩美町沿岸沖で漁火を明々とつけて、イカを集めて釣り上げます。

漁期は初夏前の5月頃から秋の10月頃まで獲れます。甘くてやわらかい白イカは刺身が定番でとても人気があります。

白イカは胴のスミ袋から下足回りの部分がとても柔らかく固まってないので、持つタイミングがズレるとスミ袋がはじけて、胴から足の吸盤周りが真っ黒になります。

スミ袋は小さいですがはじけると、ノリのような粘りのある真っ黒なスミがイカや手にこびりつきます。洗えばスミは取れますが、真っ黒なネバネバしたスミを洗い流すのも簡単には取れません。

釣り上げた時点でスミをだして、下足まわりが真っ黒になったイカが、発泡スチロール箱に何匹かは必ずあります。

新しいイカをそのまま1時間程冷凍させて、スミ袋を固めてからさばくとスミの散らばりが少なくなります。又、イカの刺身は少し冷凍させて、さばいて食べた方が甘みに力が出ます。

白イカのサイズ別仕立て

  • 2立て
  • 2、5立て
  • 3立て(24匹入り前後)
  • 3、5立て(27匹入り前後)
  • 4立て(33匹入り前後)
  • 5立て

墨なし白イカ

墨なし白イカ

3列に墨ナシ・白イカが並べられている3立て仕立て

2016年6月頃に墨なし白イカが市場に並べられているのを初めて見ました。それまでは見たことはありませんでした。

白イカが多く獲れた時はスミ袋を取る時間やヒマがないので墨ナシはありません。面倒なので墨ナシを全くしない船もあります。

白イカの漁があまりない、穫れるのが少ない時などはスミ袋を取った、墨ナシが市場に出されています。

大きさは2立て、2、5立て、3立てまでのサイズがほとんどです。それ以下の小さなサイズは時間がかかったり面倒くさい等で墨なし白いかはありません。

ブランド名白雪姫

2017年から墨なし白いかでなくて、ブランド名が白雪姫となったようです。

白くてキレイな白雪姫までは理解できますが、複雑な気持ちです。漁師さんたちの手間をかける励みになったり、高く売れるブランド名になればと思います。

墨ナシは墨袋がないので、飛び散ることもなく早くキレイにサバキができます。

墨なしは墨袋がありません

墨袋がありません!取ってくれています。感謝です!スゴイことと思います。

夏の刺し身の定番
好みによりますが2立て、2,5立ての大サイズよりも「3立て(24匹前後)」「3.5立て(27匹前後)」が甘さ、柔らかさのバランスが良いように思います。7月、8月の暑い時期は白イカの刺身は甘くて、柔らかくて人気があります。

煮付け
5立てサイズは足をはずして内臓やスミ等を取って、輪切り或いは丸煮の煮付けに向いています。柔らかく、甘く美味しい煮付けができます。

満月の夜はイカが獲れなくなります

満月の夜

1ヶ月に1回ある、満月の夜は海が月夜で明るく、漁火を点けてもイカやアジなどの魚が集魚灯に集まらないので穫れる漁が少なくなります。

満月の日はイカが獲れないので、海に出ることはなく殆どの船が休みます。アジなども満月夜は獲れる漁が少なくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする