ハタハタ干物

低温でゆっくり仕上げのハタハタの干物

低温でゆっくり水分を取り除きながら、ハタハタの干物を作ります

頭を切ってヘッドレスにしたハタハタを自家製魚醤液「トビウオ・イワシを3年以上」発酵熟成させた魚醤に漬けて塩入れをします。

化学調味料・防腐剤などを一滴も使わない本当の無添加作りです。

大きさにより10時間前後をかけて水分を取り除き、頃合の乾き具合になるようにします。

  • 水分は取り除いてあるので焼きやすい!ふんわりふっくらに焼きあがる。
  • 焼くと香りのような良い匂いがする。
  • 酸化しないでキレイで高品質に仕上がる。

ハタハタが食べれる時期について

自然なものは魚、野菜、果物など季節があります。また時期に制限をかけたりもします。

ハタハタは限定で漁をするので、食べれるときに食べたほうが良いです。自然のものは貴重になってきました。

「3月頃から5月までの時期」

松葉がに漁が終わる3月頃から市場にあがるようになり4月・5月まで続きます。この頃のハタハタは幼魚が大きくなったような感じで、小さなナイズが多いいです。

9月・10月のハタハタと比べると全体的に1回り小さなサイズです。

6月・7月・8月末までの3ヶ月間は資源保護のため禁漁期間となりハタハタ漁をすることはできません。

「9月の解禁から10月中旬頃までの時期」

3ヶ月間の禁漁期間が終わり、9月1日から底曳船漁解禁でかれいやハタハタ漁が始まります。そして禁漁期間中に丸々と大きくなったハタハタが水揚げされます。

9月末日頃までは2番の大サイズから5番の小サイズまで大漁に獲れて市場に多く並べられます。

9月に獲れすぎて、10月頃になるとハタハタも少なくなり水揚げが少なくなってきます。


11月・12月・1月・2月・3月頃までは全漁船が松葉ガニを中心に漁をします。漁場の違うハタハタの水揚はありません。


大きさ

  • 1番はほとんどありません。最近は「とろハタ」というブランド名で販売されるようになりました。煮付け向き
  • 2番はありますが多くはないです。煮付け向き・塩焼き・干物
  • 3番は多くはありませんがあります。干物
  • 4番は多くあります。干物
  • 5番もあります。

【価格】 円(10匹前後)税込み

カートに進む


詳細

【商品】真空パック入り・1束(10匹前後)(税込み)

【原材料】鳥取産ハタハタ・塩・自家製魚醤

【製造者】浜田寿幸


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする